ノーアイロン縮毛矯正について

縮毛矯正にかける思い > ノーアイロン縮毛矯正について > 縮毛矯正施術例

ここではノーアイロン縮毛矯正について説明していきます。
さらに詳しくはこちらをご覧ください↓
縮毛矯正が上手な秦野美容室サロンドエメの魅スト(ノーアイロン縮毛矯正)でツヤ髪に
一番の違いはダメージレス!!
他のストレートパーマと比べて圧倒的に髪の毛のツヤ、仕上がりが柔らかいです!

image
なぜか?
・お薬が中性で作用する
・ブローでクセを伸ばす(ストレートアイロンを使わない)
・全ての技術工程がすごく繊細

お薬が中性で作用する

今までのお薬はアルカリ性で反応していました。
髪の毛は弱酸性って聞いた事ありませんか?
つまり髪の毛に対して心地よくない状態で反応が進行していたんです。
そうすると、髪のキューティクルの間に「アルカリ剤」っていうゴミが挟まってしまうんです。
髪のキューティクルの間にゴミが挟まってる状態です。
実は、この状態って髪の毛にとってあまり良くないです。
中の栄養分も外に出やすくなっているのです。
中性で行う事でまず、アルカリ剤(ゴミ)が残留しません。
さらに、髪の内部で今後のパーマやストレートをするときに必要な結合を邪魔する成分(ジスルフィド)を生成させません!
これによって繰り返しストレートパーマやパーマがかけられます!!
素敵☆

ブローでクセを伸ばす


こちらは容易に想像できそうですが、
180度の鉄板(ストレートアイロンの事ですよ〜)で髪の毛を焼いているのですよ?
それは痛みますって・・・。
ドライヤーはどんなに近づけても90度くらい、しかも水分がある状態で行うので完全に乾くところでやめればダメージはほぼゼロ!!

全ての技術工程がすごく丁寧

通常、髪の毛は濡れている時や薬剤が付いている時、とてもデリケートです。
それはクシでとかすだけでも物理的なダメージを与えてしまうくらい!!
ですので、私たちはノーアイロン縮毛矯正をする時、特に繊細になります。

  • クシでお客様の髪をとかすとき
  • お薬をシャンプー台でお流しするとき
  • 毛先のブローをするとき

image
すべての工程に意味があります。
これらのどれかが抜けても綺麗な仕上がりはありえない!!

というほどのこだわりなんです!
例えば髪の毛を柔らかくするお薬を流すときは
お湯の温度を30度~35度くらいのやや温めの温度で流します。
熱いお湯をかけると髪の毛が一気に収縮してしまい、綺麗なツヤ髪にすることが出来ないからです。
このように僕たちはすべての技術に意味を持ち、
こだわりを持って施術させていいただきます。
お客様の髪の毛は僕達が絶対に綺麗にします!!
ノーアイロン縮毛矯正ならではの繊細な技術をぜひ体験しに来てくださいませ!

image
image
image