神奈川県 秦野の縮毛矯正 が人気の美容室 
SALON DE AIMER(サロンドエメ)

メニューロゴ
お問い合わせ・24時間予約
rogo

神奈川県秦野市戸川160 TEL: 0463-20-9707
営業時間:月~木・土10:00~19:00/金11:00~20:00/日9:00~18:00(毎週火曜・第1、第3月曜休)

前髪の縮毛矯正でクセが残ったりチリチリやかかりすぎなどの失敗を防ぐ方法

前髪の縮毛矯正で失敗を防ぐ方法

くせ毛の方が一番気になるのが前髪のくせ毛ですよね??

前髪は女性が最も気になる部分だと思います。前髪が決まらないと気分も上がりませんよね?

ここでは縮毛矯正がどんな施術なのかを簡単におさらいしながら、具体的な前髪の縮毛矯正の失敗例とその原因についてご説明しながら、その解決方法をお伝えしていきます。

そして、縮毛矯正でできるオススメの前髪についてもご案内していきたいと思います。

前髪の縮毛矯正

前髪の縮毛矯正

縮毛矯正ってどんな施術?おさらいから

縮毛矯正はくせ毛をまっすぐにするメニューなのはみなさんご存知ですよね。

工程は大きく分けて3つ。

1、髪のクセをゆるめるお薬をつける

薬剤塗布!ツヤツヤですね!

2、アイロンやドライヤーのブローでクセを伸ばす

ブローやアイロンでクセを伸ばします

3、ストレートになった髪を維持する薬剤を塗って固定します。

固めるお薬をつける

と大きく分けるとこのような流れです。

 この中で縮毛矯正の失敗に関わるのはほとんどの工程になります。

1髪のクセを緩めるお薬をつける施術

2アイロンなどでクセを伸ばす施術。

ここでの操作がうまくいかないと

「あれ?なんか思っていたのと違うな?」

「毛先がダメージでチリチリに・・・」

といった失敗に繋がってしまうのです。

前髪の縮毛矯正の失敗例とその原因・対策について

失敗①クセが伸びきっていない(残っている)

こめかみの髪のくせはお強い

原因:クセが残るのはクセの強さに対して薬剤が弱い事が原因

前髪のくせ毛が強い場合は縮毛矯正のお薬が弱かった事が原因として考えられます。

ただし、繰り返しのカラーリングブリーチ、スタイリングに使用しているストレートアイロンによってすでに前髪の毛先が傷んでしまっている場合は、クセを伸ばすのに強いお薬を使いたくても髪が薬の強さに耐えられない為に弱いお薬を使用せざるを得ない場合もあります。

そのような場合にはカウンセリングの時点で担当の美容師さんに、

「クセが強いのですがまっすぐになりますか?」

「毛先が傷んでますけど大丈夫ですか?」

と施術可能か確認してみてください。

対策

・他店でくせが伸びなかった経験があれば、担当の美容師さんにしっかり伝える事

・カウンセリングで施術可能か確認すること

失敗②毛先までまっすぐすぎる

まっすぐすぎる前髪

原因:使用する薬の力が強すぎる、またはアイロン操作が適切でない事が原因

細い髪や、ダメージ毛に強い薬を使ったり時間を長く置きすぎると薬が作用しすぎてしまい、毛先までツーンとしたストレートになってしまう事があります。

 また、アイロンの温度が適切でなかったり、熱を当てる時間が長すぎたりすると髪が「タンパク変性」といういわば髪が焦げた状態になりツーンとまっすぐになってしまいます。

こうなってしまうと自分では直す事が難しくなってしまい、セットがし辛いです。

対策としてはこれまでの施術履歴を担当の美容師さんに伝える事で防げるかと思います。

施術履歴とはカラーや縮毛矯正の履歴の事。

「ブリーチ→黒染めを繰り返しているのですが、大丈夫ですか?」

「◯ヶ月前に前髪だけ縮毛矯正をかけています」

「毛先は自然なストレートにしたいのですけどできますか?」

といった事を聞いてみると良いと思います。

対策

・施術履歴を担当の美容師さんに伝える

・要望をきちんと伝える事

・もしなってしまった場合は自宅で毛先のみコテで巻く、もしくはマジックカーラーなどで前髪を巻いた後に、ドライヤーの温風で温めて冷ましてから外すと少し自然になります。

失敗③前髪がチリチリになってしまった

毛先

原因:薬剤が効きすぎてしまい髪が傷みすぎてしまった

髪がすでに傷んでしまっている時に、反応が進みすぎてしまい毛先がチリチリになってしまう事があります。美容師の間ではビビり毛などと呼ばれています。

前述の②まっすぐすぎる症状より更に反応が進んだ状態と考えてください。こうなってしまうと髪はなかなか元には戻りませんのでカットで対処していくしか無くなります。

対策としては一度でもチリチリになった事がある人は必ず美容師さんに伝えてください。髪質的になりやすい髪もあるのです!

また、毛先が傷んでいて不安な場合は前髪の毛先数センチは様子をみてもらい縮毛矯正をかけないという選択もありです!根元から中間部分がストレートになれば案外自然な前髪にする事も可能です!

対策

・毛先の傷みが気になる事をきちんと伝える

・毛先に縮毛矯正が残っている場合には、根元〜中間の伸びてきた部分だけしてもらう

・なってしまったらコテやカーラーで自然な雰囲気を作る

<毛先の傷み>実はその原因を作り出しているのは他でもないあなたかもしれません!!

と言うのも、前髪やサイドの髪の毛は自分でも直す事が出来る部分なんですよね。

ストレートアイロンを使ってクセを伸ばしたり、ブラシを使って過度にドライヤーをしたり。

これらが毛先を傷めている事で縮毛矯正をした時に「毛先チリチリ」を生み出している事がよくあります。

それ以外にも担当の美容師さんがお薬の選定を失敗してしまった。という理由もありますがあなたも未然に防げるので過度のアイロンやブローは髪の毛を傷めるという事は知っておいてくださいね。

④前髪が浮いてしまう

原因:根元のアイロンやブローの角度が原因です。

ブロー中

根元のアイロンの角度が適切でないと浮いてしまう事があります。普通、髪は毛穴から自然な角度に生えているのですが、アイロンやブローで無理な角度にされてしまうと髪が浮いてしまう事があります。そのような心配があるなら根元はギリギリから縮毛矯正をするのではなく、根元から2センチ程度は開けてしてもらうと自然な仕上がりになりやすいです。

ただし、しっかりかける場合に比べて早く前髪のクセが気になると思いますので注意が必要です。

また、前髪につむじのある方はもともと浮きやすいという事があります。

そんな時は担当の美容師さんと相談しましょう。

もし浮いてしまったら自分でセットする時に一度髪を濡らしてから写真のようにドライヤーをかけると抑えられますのでチャレンジしてみてくださいね。

前髪を抑えるやり方

対策

・根元を外して縮毛矯正をする

・腕の良い美容師さんにお願いする

・前髪につむじがある事を伝える事

⑤前髪がぺたんこになってしまった

原因:薬の効きすぎとブローやアイロンの失敗

もともと細い髪の方は特に注意が必要です。薬が効きすぎてしまっている事、アイロンの温度が高すぎて髪が変形している事、また、地肌に薬がついてしまった事が原因として考えられます。

薬の効きすぎ、アイロンの失敗は美容師さんの腕次第な部分が大きいのですが、地肌に薬がついてしまうのは細い髪の方に起こりやすい現象です。

髪が薬の重さに耐えられず倒れてしまうと地肌に縮毛矯正の薬がついてしまいます。

地肌についたまま反応が進むと最悪の場合、断毛の原因となってしまいます。

対策としては前髪は弱いお薬でやってもらう、もしくはブロー施術ができる美容室がオススメです。

もし、ぺたんこになってしまったら、一度前髪を濡らしてからドライヤーで根元を立ち上げるように乾かすと少しふんわりします。その後、さらにマジックカーラーなどを根元まで巻いておくとなおgoodです。

また、前髪をストレートにしたのち、毛先だけゆるくカールをつける「ストカール」といった施術が出来る美容室もあります。

予約の際に前髪にゆるくカールがつけられるかどうか確認するのも良いと思います。

対策

・弱い薬で施術してもらう

・根元は少し外してもらう

・ブローで縮毛矯正できるお店でしてもらう

・ぺたんこになってしまったらドライヤーとマジックカーラーでふんわりさせる

・ストカールの出来るお店を選ぶ

⑥前髪が切れてしまっている

原因:根元に薬がべっとりついてしまった事が原因

前髪が途中で切れてしまうのは、縮毛矯正施術工程①の髪のクセを緩める薬が髪の根元(毛穴)にまで付着してしまったからです。根元にべっとり薬が付いたまま放置すると、毛穴付近の髪にまで薬が作用してしまうのに、施術工程③の固定する薬剤はあまり浸透せず根元から断毛してしまう事があります。

これは本当に注意が必要です。

特に髪が細い方、根元付近からクセの強い方はどうしても薬が根元付近に溜まりやすいです。

担当の美容師さんにきちんと説明してくださいね。

あなたに似合うオススメの前髪

毛先までストレート?それとも自然なストレート?

大人の女性が毛先までまっすぐな前髪になると少し違和感が出てきます。

なぜならまっすぐすぎる前髪は大人の女性が求める印象と相性が悪いからです。

求める印象とは・・・柔らかさ、優しさ、上品、できる女性、自分らしくなどなどですね。

中学生や高校生はAKBにいそうな直線的ななストレートヘアに

憧れを抱くことが多いです。

10代の頃はお顔の印象が全体的に上がっているので割と直線的なストレートヘアも似合うんです!

なので、お顔のフレームとなる前髪やサイドの髪がまっすぐでも

それほど印象に違和感は生まれにくいのです。

ですが、大人の女性になると日々のストレスや年齢によって

お顔の血色も悪くなりやすく、お顔の筋肉も下がってきます。

そこに直線的な髪の毛のフレームを合わせると元気のない印象を作り出してしまうのです。

それが前髪がまっすぐすぎる事が嫌だと感じる原因の一つとなっているのですね。

 

前髪の縮毛矯正の失敗を防ぐ5つの心得

ここから本題に入っていきましょう

前髪の縮毛矯正

心得①美容室の下調べ

梅雨の時期や汗をかく時期はどこの美容室も縮毛矯正のメニューを

打ち出す事が多いです。

容易にお家のポストに入っていたチラシに縮毛矯正の事が書いてあったからといって

すぐにお願いするのは要注意です。

お店に縮毛矯正のメニューがあるからといって

それが上手かどうかは別問題です。

出来るだけ経験豊富な美容室を選ぶ事をお勧めいたします。

まずは気になる美容室のHPを探してみて

縮毛矯正の事についてしっかり説明があるかどうか?

を確認してみてください!

◯◯ストレート!

◯◯極上ストレート!

と書かれているだけでメニューの差がわかりにくい場合は

直接お店に聞いてみるといいと思います。

縮毛矯正 美容室 

心得②自分の縮毛矯正の経験の掘り起こし

次にあなた自身がこれまでしてきた縮毛矯正の経験を思い出してください。

した事がない方はスルーで結構です。

何度か縮毛矯正をした事がある方でしたら

いつも満足いかなかった部分などが思い当たるのではないでしょうか?

例えば

・前髪がまっすぐになりすぎた

・前髪の内側のクセがまっすぐになりにくかった

・前髪ジリジリになった

・ぺったんこになりやすい

・前髪とサイドの境目がまっすぐにならない

etc.

それらの事を担当の美容師さんにしっかりと伝えてあげてください。

特に初めての美容室ではその経験を伝える事で

スムーズにカウンセリングが進む事があり、お客様にも

メリットがたくさんあるんですよ!

担当する美容師としても

「この方はここのクセが気になっているんだな」

と意識してくれるので必然的に仕上がりにもご満足いただけるかと思います。

もちろん覚えているだけで大丈夫ですので

可能な限り伝えてくださいね。

心得③その他のメニュー履歴を伝える

縮毛矯正をされる方の中にはそれ以外のメニューをしている方も多数いらっしゃいます。

カラーやパーマの履歴がある方も多いです。

ですので、あなたが覚えている範囲で良いので履歴を伝えてください。

伝え方は

「2ヶ月前に全体のカラーをした」

「半年前に縮毛矯正をしました」

「3ヶ月前のパーマが残っています」

そんな感じでOKです。

前髪の縮毛矯正とは直接関係ないですが

くれぐれも2年前の縮毛矯正履歴は言わなくて大丈夫。

とは思わないでくださいね!!

直接前髪は関係ありませんが

全体を縮毛矯正する時には注意が必要です。

髪の毛は1ヶ月に1cm程度しか伸びません。

もし現在のあなたの髪の毛が肩甲骨よりも長い場合は

2年前の縮毛矯正の履歴が髪の毛に残っている場合もあります!!

その場合、毛先と根元側の髪の毛の状態には差が生まれているので

美容師さんも正確な技術を提供する事が難しくなります!

あくまで覚えている範囲で良いのでしっかりと伝えてくださいね!

心得④白髪の有無

心得③と少し重なる部分ですが白髪の有無は縮毛矯正を綺麗にかける上で

仕上がりに大きな影響を与えます。

白髪というのは通常の黒髪と異なった性質を持っています。

・白髪だけぴょこっとハネてくる

・カラーが染まらなかった

・パーマがかかりにくくなった

あなたもそんな経験がありませんか?

白髪というのは水と馴染みにくい疎水性という性質を多く持っているのです。

白髪 構造

ですのでクセが伸びにくいという特徴があります。

白髪は前髪や生え際に多く生えてくる事が多いです。

また、ご自分で白髪染めをされている方は特に注意が必要です。

白髪染めは通常のカラーよりもダメージが大きい事が多いので

あなたの髪のコンディションが下がっている事があります。

もしセルフカラーで白髪染めをされている方は

必ず美容師さんに伝えてください。

心得⑤仕上がりの明確化

最後になりましたがここが最も重要です。

あなたが求めているのがどんなストレートヘアなのか?

これが明確であればあるほど担当の美容師さんはそのイメージに合わせた

施術をする事ができます。

・しっかりと前髪はストレートにしたい

・前髪は少し流れるようにしたい

・ふんわりする前髪が良い

などイメージで伝えてもOKです。

また、その様な明確なイメージがない場合は

自分にとっての「失敗」を明確にしておくと良いと思います。

・ぺったんこにはなりたくない

・毛先がシャキーンはいやだ

・前髪がストレートすぎもいや

・毛先が傷むのがいや

などなど。

なりたくないイメージを伝えておくと失敗が少なく済むと思います。

また、通い続けて行くと、美容師さんも

「このお客様は◯◯のイメージは嫌っておっしゃっていたな!」

と嫌な事を伝える事で好きな事も伝わりやすくなるんですよ!!

ぜひ美容師さんに好きなイメージと嫌いなイメージの両方を伝えてみてくださいね!

きっと美容師さんも意識してくれますよ!!

前髪の縮毛矯正のまとめ

いかがでしたでしょうか?

サロンドエメにも前髪の縮毛矯正だけをされるお客様が多数いらっしゃいます。

前髪はあなたの印象を左右する大事なポイントです。

ぜひ失敗しないようご自身で対策できるところは参考にしてくださいね!

前髪に関するお悩みなどLINEにて承っております。

お気軽にご相談ください。

■関連記事■

■縮毛矯正をかける間隔について■

縮毛矯正をかける期間はどれくらいが適切なのでしょうか?

■縮毛矯正をかけるまでの間にお勧めしたいメニューについて■

秦野の美容室 サロンドエメの髪質改善ヘアエステの特徴について

■サロンドエメからお客様へのお約束■

サロンドエメへご来店の前に読んでいただきたい、あなたへの5つのお約束

初めての方のご予約について

ご予約は断然LINE予約がオススメです♪

ご来店前に髪や施術メニューについてのご相談も承っております。

また、サロンドエメでは一人のお客様に対して一人の担当者が最後まで

丁寧に施術をさせていただいておりますので1日に限定3名様

ご予約とさせていただいております。

人数を制限させて頂く事で、お客様の髪のお悩みやご相談に対して

お時間を気にする事なく真摯に向き合う事ができる為です。

必ず綺麗な髪にさせて頂きます!

もちろんご質問やお問い合わせだけでもOKです♪

下記のボタンから「サロンドエメ公式LINE」を

友達登録して頂きメッセージを頂けますとご案内可能なお日にちやメニューのご相談まで

スムーズに出来ます!

お友達追加

お客様からも、

「電話予約より気軽で楽♪」

「事前に相談ができるのが嬉しい」

とご好評をいただいています。

実際、サロンドエメのご予約はLINEからのご予約が一番多いです。

電話予約は

0463−20−9707

ノーアイロン縮毛矯正

約3時間半〜4時間  ¥27000

※三塚指名担当の場合は+1080円

—————————————————————-

*初めての方は必ずお読みください*

縮毛矯正が上手な秦野美容室サロンドエメの魅スト(ノーアイロン縮毛矯正)でツヤ髪に

サロンドエメまでの行き方 〜バスをご利用の方〜

サロンドエメまでの行き方 〜お車をご利用の方〜

サロンドエメで理想の髪質へとチェンジ!

サロンドエメで理想の髪質へとチェンジ!

美容室 SALON DE AIMER(サロンドエメ)

定休日 毎週火曜・第1第3月曜日

TEL 0463-20-9707

秦野市戸川160(詳しい地図のご案内です)

  
<Instagram始めました!>
 #salondeaimer2014
で検索してみてください!

ストレートアイロンを使わないノーアイロン縮毛矯正のビフォーアフターなどを掲載中です!

@salondeaimer2014