<お洒落女子必見!>縮毛矯正で内巻きのふんわりボブを作ろう♪

縮毛矯正で内巻きのボブを作ろう 秦野 縮毛矯正 サロンドエメ

秦野で縮毛矯正をかけて内巻きのボブを作るのが得意な美容室サロンドエメです。

ボブといえばお洒落女子支持率No.1の憧れのヘアスタイルですよね♪

一度は挑戦してみたいヘアスタイルとしても常に上位にランキングされています。

ところが髪質がくせ毛の方が挑戦するのはとってもハードルが高すぎます!

それはくせ毛が邪魔して可愛いボブが成り立たないからなのです・・・。

だったら縮毛矯正しちゃえばいいじゃんって訳でもないんですよね?

 

縮毛矯正をかけてのボブは危険💀

くせ毛に悩む方もこれまで縮毛矯正×ボブに挑戦してきた方も多いと思います。

だけど…失敗した。

そう感じている方ってすっごく多いんです!

それもそのはず、そもそもボブって丸み柔らかさが大切なヘアスタイルなのに、

髪をまっすぐに「しすぎる」縮毛矯正をかけてしまっているんですもん。

それではボブにしたって本来のかわいらしさやお洒落さが抜け落ちてしまいます。

・まっすぐすぎて変!

・毛先だけが不自然にパタパタ動く感じ

うーん、確かにこれだとボブに縮毛矯正をかけたくないですね。

 

でも、毎日のスタイリングが楽にできるボブの縮毛矯正ってのがあるんです。

それでは騙されたとおもってこちらの動画をご覧ください。

 

 

どうでしたか?

まだご覧ではない方は騙されたと思って一度ご覧ください(笑)

本当に乾かしただけでサラサラに動きます!!(必死ですw)

前髪、もみあげのくせ毛を乾かしただけで内巻きのストレートヘアに
前髪、もみあげのくせ毛を乾かしただけで内巻きのストレートヘアに

今まで縮毛矯正をかけてきた方からすると信じられないかもしれませんが、

サロンドエメでは真っすぐになりすぎないようにアイロンを使用しない縮毛矯正をご提供しているのです。

アイロンを使わない、そんなのがあるの!?

そう思っていただけた方だけこれから先もお付き合いください!!

 

可愛くないボブの原因はストレートアイロンだ!

そもそも縮毛矯正についてどんなイメージをお持ちですか?

・毛先までシャキーンとした感じ

・ぺったんこな感じ

・毛先が傷んでいる

・ヘアスタイルが不自然で「かつら」みたい

これらの原因は縮毛矯正では当たり前の様に使っている

ストレートアイロン

が原因だったのです!

もしかしたらお家で多用している方もいるかもしれませんね。

ですが、縮毛矯正をするうえでストレートアイロンを使うか使わないかで仕上がりのボブには雲泥の差が出来てしまうのですよ!!

次項ではアイロンを使う縮毛矯正と使わない縮毛矯正のメリットデメリットについて解説します。

 

縮毛矯正をかけて内巻きのボブにしたい!!

一般的に縮毛矯正をかけて内巻きのボブに出来るというのは聞いたことがありません。

それは縮毛矯正の施術でストレートアイロンを使っているから。

全てとは言いませんが、99%のサロンが高温のアイロンでくせ毛を伸ばしています。

さらに、縮毛矯正で使う薬剤は美容室で使用する薬剤の中でも1,2を争うほどパワーが強力です。

そのため「軟化チェック」というくせ毛が柔らかくなったかを検査するときには髪の毛が通常ではありえないほど伸びてしまうという現象が起きています!

縮毛矯正とは髪に負担がかかります。薬剤の浸透をチェックする軟化チェックは髪の毛がゴムのように伸びてしまうほど強力
軟化チェックはゴムのように伸びる

髪の毛がびょーんとゴムのように伸びる。

そんなの普通に生活してて見た事ないですよね?そんな繊細な状態で高温のアイロンでプレスしたらそれはピーンと針金みたいなストレートになってしまいますよ・・・。

これでは毛先に自然な柔らかさを出すのは難しいというのは容易に想像できると思います。

ではどうやったら毛先にワンカールのあるボブに出来るか??

丸みのある内巻きボブにするにはここから毛先を曲げる動作

が必要になるのです。

縮毛矯正専門店のサロンドエメだから出来る内巻きボブを作る特殊な技術の数々
内巻きを作る施術の一例

 

毛先を曲げると言うと極端に聞こえますが、

カットで土台をしっかり作っておかないと内巻きになりにくくなってしまうので、

縮毛矯正とカットの両方から内巻きに曲がるように仕上げるのがコツなんです。

縮毛矯正をしながら内巻きのボブにするためには

・カットで内巻きの土台を作る

・縮毛矯正でくせを伸ばしつつ毛先は内巻きにする

という二つの工程が必要なんです。

このあたりも一般的なサロンではなかな施術が出来ない違いです。

 

秦野 サロンドエメのアイロンを使わないから出来る内巻きのボブ
秦野 サロンドエメのアイロンを使わないから出来る内巻きのボブ

 

縮毛矯正で毛先ワンカールのボブ

 

先ほども説明しましたが縮毛矯正をしながら毛先をワンカールにするボブって

実は本当に難しい技術なんです。

「毛先を丸めればいいんでしょ?」

ってお客様はもとより、普通の美容師さんまでもそう思っているかもしれません。

その考えのままで毛先を内巻きのボブにしようとすると・・・

・全然内巻きにならず毛先までシャキーンとしたストレートになった・・・

・クセも伸びていないし、毛先は内巻きどころか傷んでパサパサに・・・

・毛先がボワボワしてまとまらないどころか、人形みたいな毛先に・・・涙

なんて事にもなりかねません。

縮毛矯正で毛先を内巻きのボブにするためにはかなり専門的な知識と技術が必要なんです。

「縮毛矯正で毛先内巻きボブですか?全然行けますよ!!」

なんて余裕で言ってる美容師さんにはご用心ですw

・サロンドエメの縮毛矯正はブローでクセを伸ばします。

一般的な縮毛矯正技術で用いるストレートアイロンは基本的に使いません。

秦野で縮毛矯正と髪質改善に特化した美容室サロンドエメのブローで伸ばす縮毛矯正

ここに丸みのあるボブを作る秘訣が詰まっています。

くせ毛の方でしたら一度は美容室でブラシを使って

ブローをして仕上げてもらったことがあると思います。

ブラシを使ったブローで仕上げてもらうと毛先まで丸い

自然なシルエットになりませんでしたか?

アイロンを通すと毛先はツンとなりやすいです。

(一般的な美容室で縮毛矯正を受けた場合です)

そこを自然な丸みと相性が良いブロー技術で毛先を曲げていきます。

施術例

縮毛矯正ビフォー
縮毛矯正ビフォー

今日のお客様も内巻きなボブスタイルがご希望です。

後ろ姿でも長さがちょうど肩にあたりはねやすそうなのがわかります。

仕上がり

ノーアイロン縮毛矯正アフター
縮毛矯正 ボブ

自然な仕上がりで、肩に当たってもはねにくいです。

ノーアイロン縮毛矯正アフター
縮毛矯正 ボブ

サイドの髪も綺麗な内巻きにインしています!

比べて見るとこの通りです!

ノーアイロン縮毛矯正ビフォーアフター
縮毛矯正 ボブ

仕上がりにブローやアイロンは使用していません。

※髪質によっては毛先はワンカールのパーマをかけることを

お勧めする場合もございます。

施術例②

前髪、もみあげのくせ毛をストレートヘアに
ボブの長さのくせ毛にお悩みのお客様

これくらいの長さのお客様ってすごく多いとおもいます。ちょうど方にあたってはねてしまいやすい。

しかもこちらのお客様、前髪のくせ毛もかなりお強い。。。

前髪のくせが強いボブの縮毛矯正
前髪のくせが強いボブの縮毛矯正

しかし、ここでサロンドエメの縮毛矯正を施術すると・・・。

ボブの縮毛矯正が得意な秦野の縮毛矯正専門店 サロンドエメ

ボブの縮毛矯正が得意な秦野の縮毛矯正専門店 サロンドエメ
自然な内巻きに♪

しかも強かったお顔回りのくせ毛もこの通り自然な内巻きになりました!!

自然な内巻きボブ 前髪も自然なストレートヘアになる縮毛矯正の秦野サロンドエメ
自然な内巻きボブ

 

比べてみるとこの違い♪お客様も髪に触れて衝撃だったようです。

前髪、もみあげのくせ毛をストレートヘアに

 

縮毛矯正のホームケアについてアドバイス

お客様が普段している乾かし方をお聞きすると

わざわざハネる様に乾かしてしまっている方が多い様に感じます。

私たちはドライヤー(ホームケア)の仕方までお伝えする事が

自分たちの役目だと考えています。

お悩みがありましたらなんでもご相談くださいませ!

お家で出来る顔周りの内巻きを作るドライヤーの仕方をアップ!

ぜひご覧ください!

縮毛矯正のボブまとめ

いかがでしたか?

縮毛矯正でボブは難しいと思っている方もぜひチャレンジしていただきたいと思います。

必ず理想のボブスタイルをご提供していきます!

ご相談やご予約はお気軽にご連絡ください。

 

 

初めての方のご予約について

ご予約は断然LINE予約がオススメです♪

ご来店前に髪や施術メニューについてのご相談も承っております。

ご予約・ご相談はLINEからが簡単オススメ♪

電話予約

0463−20−9707

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です