自然乾燥による髪の毛のダメージについて

秦野の縮毛矯正・髪質改善の美容室

 サロンドエメ(SALON DE AIMER)です!

自然乾燥で髪は傷むのか?

半乾き状態の髪は傷みやすい

自然乾燥って髪の毛傷むんですか?

という事をよく聞かれます。

また、

ドライヤーすると髪が傷むと思って・・・。」

これって結構多くのお客様が抱える疑問なのではないでしょうか?

実際どっちなんだろう?そんなお悩みに答えていきますね!

自然乾燥とドライヤー、傷むのはどっち?

はてな

さて、自然乾燥とドライヤーどちらの方が傷むのでしょうか?

まずはドライヤーから見ていきましょう。

ドライヤーは傷むのか?

ドライヤーは髪が傷む?

確かにドライヤーを当て続けたら熱によるダメージは出てしまいます。

ですが、それは当て続けたらの話なんです。

当て続けたらと言うのは乾いている髪に熱を当て続けた場合の事です。

しっかり乾いた髪に熱を与え続けると髪は炭化し焦げてしまいます。

こうなると髪の毛が持つハリやツヤを失い、ダメージしてしまいます。

自然乾燥したら髪は傷むのか?

自然乾燥は髪が傷む?

その前に少し髪の毛の構造についてお話しします。

髪の毛と言うのは3層構造でできてるって知ってますか?

髪の構造
髪が濡れるとこのキューティクルという外側のうろこのようなものが開きます。

キューティクル構造

これがキューティクルの開いた状態です。

まず、髪は濡らすとキューティクルが開くという事を覚えてくださいね!

ここで本題の自然乾燥による髪ダメージについてです。

ちなみにドライヤーで綺麗に乾かすとキューティクルが根元の方から閉じていくのでツヤが出ます。

自然乾燥をさせるとこの外側のキューティクルが不揃いに閉じてきます。

すると不揃いに閉じているので所々閉じきっていないキューティクルが出てきます。

これが髪の毛をとかした時に引っかかったり、枝毛になる原因です。

この状態で無理に引っ張ってしまったりすると髪のダメージを引き起こします。

例えるなら、魚のウロコを包丁で削ぎ落とすイメージです。

ぼろぼろ鱗が剥がれます。

髪の毛だとツヤがなくパサパサした状態です。

これから伸ばそうとしている方や綺麗な髪に憧れている方は

ぜひドライヤーを使って根元の方から乾かしてくださいね!

結論

つやのある髪になるには
つやのある髪になるには?

自然乾燥はなるべくやめてください。

自然乾燥で乾いた髪はとっても不安定で傷みやすいんです!

それを続けてしまうと、やりたかったパーマやカラーの仕上がりが

満足のいくものにならなくなってしまう恐れがあります。

普段何気なくしている事でも髪の毛のダメージに繋がる事って実はたくさんあります!

気になる事はなんでもご相談ください!

ドライヤーに関する関連記事がこちら

ドライヤーがうまくいかない人が気を付けるべきたった一つのこと

初めての方のご予約について

ご予約は断然LINE予約がオススメです♪

ご予約・ご相談はLINEからが簡単オススメ♪

ご来店前に髪や施術メニューについてのご相談も承っております。

もちろんご質問やお問い合わせだけでもOKです♪

電話予約は

0463−20−9707

<美髪を維持する為にオススメのメニュー>

秦野の美容室 サロンドエメの髪質改善ヘアエステの特徴について


サロンドエメまでの行き方 〜バスをご利用の方〜

サロンドエメまでの行き方 〜お車をご利用の方〜

サロンドエメのInstagram

サロンドエメのTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です